« 新潟旅行記 vol.5 | トップページ | 北海道旅行記 vol.2 »

2009年6月 7日 (日)

北海道旅行記

ヨッシーです。本日4:30ついに北海道小樽市に上陸しました。これでヨッシーは47都道府県全てへの上陸を達成いたしました。興奮の余り昨晩はあまり眠ることが出来ず3:30には起床してカメラで船上から日の出を狙っていましたが、悪天候ではっきりとした日の出を確認することができませんでした。

小樽での朝の天気は霧雨模様でしたが、昼前にはその雨も上がったので散策には全く支障がなく、計画を前倒しして予定以上に移動することができました。おかげで今後の時間的な余裕はできましたが、下調べしておいた温泉や食事場所、夜景ポイントなどの計画が狂ってしまいました。

6月7日

小樽・発 → 勝納埠頭・メルヘン交差点・小樽公園・カトリック富岡教会・北のウォール街・小樽運河・小樽市総合博物館・小樽貴賓館・小樽鰊御殿(小樽) → 旧下ヨイチ運上家・旧余市福原漁場(余市) → 漁場建築佐藤家・御宿鰊御殿(寿都) →(長万部IC~八雲IC)→ 鮪の岬・元和台(乙部) → いにしえ街道・開陽丸青少年センター(江差) → 砂館神社・上之国花沢館跡・夷王山(上ノ国) → 専念寺・松前藩屋敷・松前公園・徳山大神宮・法華寺・正行寺・白神岬(松前) → トンネルメモリアルパーク・横綱千代の山千代の富士記念館・青函トンネル記念館(福島) → 知内温泉(知内) → 知内・泊

P60704272

写真は、上ノ国町にある砂館神社の本殿です。安永8年(1779年)に建てられたもので、道の重要文化財に指定されています。

北海道における倭人の歴史は室町時代以降からなので、あまり古い建造物はなく国宝建造物も存在しません。因みに北海道で最も古い建造物は、同地にある上国寺の本堂(国の重要文化財)で1500年代の後半から1600年代前半頃の建築であると言われています。本当はこちらの写真を掲載したかったのですが、ちょうど修理中だったので写真に撮ることができませんでした。

砂館神社ですが、この場所にはかつて洲崎館がありました。この館を構えたのは松前藩の藩祖・武田信広であり、長禄元年(1457年)のアイヌの首長・コシャマインとの戦いに勝利したことで領国・若狭国から当地を支配するため移住してきました。すなわち、この砂館神社のある場所こそ蝦夷地・北海道における倭人支配始まりの地と言えます。ヨッシーもこの神社でこれからの北海道完走に向けての安全を祈願しました。

|

« 新潟旅行記 vol.5 | トップページ | 北海道旅行記 vol.2 »

コメント

47都道府県制覇おめでとうございます。
私は数えるほどしか他県を訪れた事がないので、ヨッシーさんの偉業に脱帽です。
緻密な計画に裏打ちされた行動力を持ってこれからも様々な史跡・遺跡を訪れて下さい。
旅行記楽しみに待ってます。

投稿: コン | 2009年6月20日 (土) 08時23分

コンさん、2回目のコメントありがとうございます。ヨッシーです。
本当に国内には良い場所がたくさんあって出かけるのが楽しくて仕方ありません。この素晴らしい国・日本に生まれることができたことをとても幸せに思っています。コンさんの身近にもきっと素晴らしい場所があるはず・・・そんなふうに感じていただけたら幸いです。
今後ともお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

投稿: ヨッシー | 2009年6月23日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199/45355554

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行記:

« 新潟旅行記 vol.5 | トップページ | 北海道旅行記 vol.2 »