« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月19日 (日)

新潟旅行記 vol.10

ヨッシーです。新潟旅行の最終日は、県西部(上越方面)を西に走りました。昨日は大雪で道中が心配されましたが、平野部にはほとんど雪がなくて天気も良好だったのでペースを上げて何とか計画を完遂することができました。

12月19日

上越・発 → 医王寺・金谷山スキー場・瑞泉寺・旧師団長官舎・田端町・高田世界館・善導寺・常敬寺・天崇寺・東本願寺高田別院・虎御前墓・春日神社・春日山城史跡広場・本願寺国府別院・白山神社・居多神社・五智国分寺・光源寺・明静院(上越) →(名立谷浜IC~親不知IC)→ 親不知記念広場・天険コミュニティロード・親不知ピアパーク・駅前海望公園・相馬御風宅・天津神社(糸魚川) → 自宅

Pc1902982

写真は、明静院の境内にある諏訪神社の祠と岩屋殿です。当地は、諏訪大社の主祭神・建御名方神が誕生した場所であると言われています。

現在の岩屋殿は崩れてしまっていますが、寛延4年(1751年)の大地震に遭うまでは大きな岩窟になっていて、そこで建御名方神の両親神(大国主命と奴奈川姫)が生活していたと伝えられています。また、明静院の山号は岩殿山ですが、かつては神様の住まいを指す「岩戸」山と呼ばれていました。

奴奈川姫は、越国(現在の新潟、富山、福井)を治めていた神様(首領の娘)であり、姫川(糸魚川)で産出される翡翠(宝石)を経済基盤にしていたと考えられています。大国主命が勾玉の原料となる翡翠を求めて越国と婚姻関係を結んだのは想像に難くありません。

建御名方神は、天津神・建御雷神との戦いに敗れて諏訪まで逃れて諏訪大社の主祭神になりました(2010.4.10参照)が、諏訪に逃れたのも偶然ではなくて母方の越国に一旦は落ちたものの越国も天津神に占領されたため姫川に沿って山中に逃れ諏訪の地で降伏したと考えられます。

建御名方神の誕生地が寺院(明静院)になっているのは神仏習合の名残りであり、本堂の右側に上杉謙信のお墓が造られていることからも当地が信仰上特別な場所であったことが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

新潟旅行記 vol.9

ヨッシーです。今週末は、延期になっていた新潟旅行の続きに出発しました。前回(2010.11.21)から一ヶ月経つと、もう新潟は雪国になっていました。

昨年末は温暖な静岡方面(2009.12.23訪問)を散策していましたが、日本海側の冬は雪道で足元が険しく訪問予定数を普段の半分に減らして臨みました。

12月18日

自宅 →(塩尻北IC~豊田飯山IC)→ 松里小学校(十日町) → 七ツ釜(津南) → 清津峡・神宮寺(十日町) → 専称寺・安田神社・多多神社(柏崎) →(柏崎IC~柿崎IC)→ 浄善寺・浄福寺・長峰温泉(上越) →(柿崎IC~上越高田IC)→ 上越・泊

Pc1800292

写真は、田代の七ツ釜の最上流となる一番滝です。写真が白黒に見えるのは吹雪の中で撮影したためでモノクロ写真ではありません。

七ツ釜は、信濃川の支流・釜川の上流にある7つの滝壺の総称です。この辺りの地層は柱状節理になっていて天然の角ばった岩場の中を流れる垂直落下の滝と淵の連続が神秘的な渓谷美を創り出していました。

この七ツ釜と西戸屋山を挟んですぐ隣にある清津峡は紅葉シーズン(11月下旬頃)の景色が有名ですが、一ヶ月違っただけでこんなに様子が変わってしまうとは予想外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

兵庫旅行記 vol.4

ヨッシーです。今週末は、急遽神戸市中央区へルミナリエを見に行ってきました。当初は新潟旅行に出掛ける予定でしたが、クリスマスシーズンに実施されると思っていたルミナリエが今年は12月2~13日に開催されることを知って予定を変更しました。

神戸ルミナリエは、平成7年(1995年)から阪神淡路大震災で犠牲になった方々の慰霊と震災に遭った神戸の方々の激励を目的に開始された光の祭典です。元町駅から仲町通りを東に一方通行に進んで東遊園地公園に至るルートが教会の聖堂内部をイメージした美しい電飾で彩られていました。

12月4日

元町駅・発 → 大丸神戸店・三宮神社・旧居留地38番館・南京町・海岸ビル・商船三井ビル・チャータードビル・海軍操練所跡・市立博物館・旧居留地15番館(旧居留地エリア) → 東遊園地公園(ルミナリエ会場の下見) → 生田神社 → 一宮神社・神戸バプテスト教会・旧パナマ領事館・パラスティン邸・英国館・洋館長屋・ベンの家・神戸北野美術館・旧サッスーン邸・プラトン装飾美術館・旧中国領事館・北野外国人倶楽部・山手八番館・うろこの家・本家オランダ館・デンマーク館・北野天満神社・風見鶏の館・萌黄の館・ジャイナ教寺院(異人館エリア) → シュウエケ邸・東天閣・神戸ムスリムモスク・神戸栄光教会・兵庫県公館・相楽園・四宮神社・花隈公園(山手エリア) → みなと元町駅・海岸ビルヂング・メリケンパーク → 東遊園地公園(ルミナリエ観光) → 三ノ宮駅・着

Pc0417502

写真は、東遊園地公園に向かう仲町通りの様子です。教会の入口から聖壇へと向かう身廊を歩いているような印象でした。

メイン会場である東遊園地公園は教会の内陣のような電飾になっていて、聖壇部にある小さなドーム状の屋根の下には継続開催を呼びかける募金用の小さな鈴が7つ飾られていました。ドームの中には入ることが出来ないので、観光客はドームの外から鈴を狙ってコインを投げる形で募金をしていました。コインが当たってチリンと音がすると幸せな気分?になれます。

東遊園地公園には阪神淡路大震災の「慰霊と復興のモニュメント」があって、その中には阪神淡路大震災で亡くなられた方々全員の名前が刻まれていました。阪神淡路大震災を忘れないためにも神妙かつ美しいこの光の祭典が永遠に続くことを祈念いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »