« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月13日 (日)

滋賀旅行記 vol.22

ヨッシーです。関東での大地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

大地震による影響を心配しながら、高速バスに乗って信州に帰って来ました。信州では、売り切れにより閉店したガソリンスタンドが多く見られ、開店している僅かな店舗は給油待ちの車列で混雑していました。ヨッシーも急いで列に並んで何とか2000円分だけ給油することができました。

F10003722

写真は、帰りの高速バスが休憩で立ち寄った多賀SA上り線に立てられた敏満寺跡碑です。

敏満寺は平安時代に創建された大寺院で、中世には城塞化して寺勢を誇示しました。しかし、戦国時代に入ってからはその勢力を警戒した浅井氏や織田氏などの戦国大名により度々攻撃を受けて、ついには廃寺に追い込まれたと伝えられています。

ちょうどこの石碑のある高台を中心とした一帯が敏満寺の境内であったと考えられていますが、高度経済成長期に急いで建設された名神高速道路によって十分な調査もされないまま破壊されて多賀SAが造られました。敏満寺がここに存在したことを示す唯一の石碑が寂しく感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

京都旅行記 vol.21

ヨッシーです。先日、親が無事に退院することができました。そこで、今回は親の退院祝いのため関西に帰省しました。

ちょうど今日から京都では「東山花灯路」が始まったので、帰省した後、京都へと足を伸ばして久しぶりに歴史建造物の美を堪能しました。

3月12日

青蓮院門跡・知恩院 → 円山公園 → 大雲院・高台寺 → 法観寺 → 清水寺

P31202652

写真は、京都を代表する観光名所・清水の舞台です。観光ガイドによく載っているアングルからの景色ですが、ライトアップされた舞台と遠くに見える市街地の明かりが作り出す夜景はこの機会にしか見ることができません。

東山花灯路は、平成15年(2003年)から始まったまだ歴史の新しい京都の冬の風物詩です。伝統行事の少ない冬期の新たな観光客の呼び込みを狙って企画されたイベントで、神戸ルミナリエを参考に京都の観光資源を生かした贅沢な光の祭典です。平成17年(2005年)からは嵐山でも花灯路が始まって年々知名度が高まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »