2010年3月21日 (日)

徳島・高知旅行記

ヨッシーです。本日、予定よりも一日遅れてようやく四国に入りました。最初の目的地は高知県の東海岸です。高知は1年ぶり(2008.12.28以来)の訪問ですが、今回は早春ということもあって桜も満開でした。また、大河ドラマ「龍馬伝」の影響もあって大変な賑わいでした。

今日も一日、天気は良かったのですが風が強く、海岸沿いを走った車体は浜風が運んできた波飛沫で真っ白になってしまいました。止む終えずフロントガラスをウォッシャー液で洗いながら走りましたが途中で液がなくなってしまい、視界に注意しながら途中でホームセンターを探すことになりました。

3月21日

南あわじ・発 →(淡路島南IC~鳴門北IC)→ 妙見山公園・観音寺・宇志比古神社・阿波神社・光勝院・大麻比古神社(鳴門) → 見性寺(藍住) →(藍住IC~高知IC)→ 潮江天満宮・真如寺・若宮八幡宮(高知) → 金林寺・森林鉄道インクライン(馬路) → 岡御殿・福田寺(田野) → 中岡慎太郎館(北川) → 最御崎寺・室戸岬灯台・室戸岬・御厨人窟・明星来影寺(室戸) → 宍喰温泉(海陽) → 美波・泊

P32103192

写真は、室戸岬の東部にある御厨人窟の入口です。この洞窟は思っていた程大きくはなく、中には小さな祠が祀られているだけでした。

御厨人窟は、若き日の弘法大師(佐伯眞魚)が修行をした場所であり、ここでの修行の最中に明星が口の中に飛び込み悟りを啓いたと伝えられています。その時、眞魚の目に映った光景が空と海だけであったことから「空海」の法名を得たという、当に弘法大師・空海誕生の聖地です。

室戸岬で日没の夕日を眺めてから、そのまま海沿いを徳島方面に走って宍喰温泉に入りました。ここの温泉は西日本の名湯・龍神温泉(2008.1.2訪問)に似ているとの評判でしたが、美人の湯の噂に違わぬ良質なアルカリ泉で大満足の二日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

高知・愛媛旅行記

ヨッシーです。旅行二日目は、高知市から四万十方面に向かいました。高知県西部はまだ高速道路が整備されていないので、一般道での長距離移動となって思った以上に大変でした。

12月28日

南国・発 → 土佐神社・善楽寺(高知) →(高知IC~伊野IC)→ 朝倉神社・高知城・山内神社・三翠園・筆山公園・真如寺・竹林寺・桂浜・雪渓寺・秦神社(高知) → 池ノ浦・鳴無神社(須崎) → 不破八幡宮・一條神社・為松公園・中村大神宮・奥御前宮・佐田沈下橋(四万十) → 森の国温泉(松野) → 鬼北・泊

Pc2803752

写真は、四万十川に架かる佐田の沈下橋です。沈下橋という名前は、増水した時に川に沈んでしまうことに由来します。沈下橋は四万十川に特有の橋で、戦後に複数架けられました。橋の高さは水面に近く、欄干がないのが特徴です。

戦後の貧しい時代には、高い橋脚を持った立派な橋を架けることができませんでした。しかし、四万十川は四国最長・最大流域面積を誇る大河であり、台風の度に増水して橋は流されてしまいます。そこで、増水した川の水流から受ける抵抗を抑えるため欄干を取り除いて、流されにくく改良したものが沈下橋です。

夕方になると四万十川の水面には霧が立ちこめて、その光景はまるで川とそこに住む生き物たちが呼吸を整えて静かに眠りに就くかのように幻想的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

高知旅行記

ヨッシーです。今日から年末年始の休暇に入ります。今年は年末の休みが長いので、帰省の前に遠方への旅行を計画しました。冬なので、行き先は南国の四国方面にしました。

少しでも早く四国に到着したかったので昨晩のうちに信州を出発しましたが、滋賀県で大雪のため立ち往生してしまいました。また、今朝になるとそのまま通行止めになってしまい、四国への到着時刻が予定よりも大幅に遅れてしまいました。今日の予定では高知県東部を室戸岬まで走る予定でしたが、結局安芸市で日没を迎えました。

12月27日

自宅 →(塩尻IC~大豊IC)→ 旧立川番所書院・豊楽寺(大豊) →(大豊IC~南国IC)→ 岡豊城跡・国分寺(南国) → 須留田八幡宮(香南) → 浄貞寺・岩崎弥太郎生家・安芸城跡・土居廊中・野良時計・江ノ川上公園(安芸) → 長岡温泉(南国) → 南国・泊

Pc2700272

写真は、国宝である豊楽寺の薬師堂です。平安時代後期に建てられた四国地方最古の建造物であり、藤原式古法という建築学的に貴重な技法が用いられた建造物として知られています。そして、その文化財的価値から四国の法隆寺とも呼ばれています。

鳳来寺薬師堂(愛知県)、常福寺薬師堂(福島県)とともに三薬師と呼ばれていて、その筆頭でもあります。また、国宝に指定されている薬師堂は、豊楽寺と京都の醍醐寺(4月9日訪問)だけです。

明日は、高知市内を散策した後、四万十方面へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)