2011年1月 8日 (土)

中信旅行記 vol.31

ヨッシーです。今日から今年最初の三連休です。しかしながら、年末年始の旅の疲れや片付けを終えることが出来なかったため、今回は旅を取り止めることにしました。それでもせっかくの三連休なので、1日位はと思って地元の梓川河畔に自生しているケショウヤナギを撮影しに出かけて来ました。

ケショウヤナギは、ヤナギ科ケショウヤナギ属に属する1属1種の珍しい植物で、北海道の一部と長野県の上高地と当地にしか現存していない生きた化石と呼ばれる遺存種です。

1月8日

自宅 → 興龍寺・かけおち道祖神(塩尻) → 梓川橋(松本) → 安曇野みさと温泉(安曇野) → 自宅

F10002112

写真は、ケショウヤナギの若木です。発芽してから10年未満の若木は、写真のように幹や枝全体がまるで白粉のように白いロウ質に覆われています。そして秋から春の極寒期にだけ枝先がまるで紅を差したように朱色に染まるのが名前の由来となっています。

他所では見られない非常に珍しい植物なのでいつか写真に撮ろうと思っていましたが、とにかくこの時期の信州は氷点下の寒さなのでなかなか訪れることが出来ず今回ようやく写真に収めることができました。ぜひ写真をクリックいただいて朱色に染まった枝の様子をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

中信旅行記 vol.30

ヨッシーです。信州の紅葉も山から里へと下りてきて、今週末がいよいよラストチャンスです。そこで、今日は中信と北信の境にある聖高原(麻績村)に行ってきました。

聖高原は、筑北三山の一つである聖山の中腹に位置する高原です。聖(ひじり)の名の通りかつては県内有数の信仰の山であったため、里には今も多くの寺社(2009.2.8訪問)が見られます。今回は、その聖高原の中でも最も美しい場所と言われる聖湖畔を散策しました。

Pb0700402

写真は、聖湖に映る紅葉の様子です。聖湖は、ヘラ鮒釣りのメッカとしても有名で、湖畔には釣り用の桟橋が架けられていました。

街中まで紅葉が進んでいる状況だったので聖湖の紅葉はややピークを過ぎた感じでしたが、晩秋の湖面に映る紅葉を眺めながらのんびりと鮒釣りを楽しむ人々の後姿が秋の情緒に良いアクセントを加えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

中信旅行記 vol.29

ヨッシーです。今日は、文化の日です。一日限りの休日ですが、先週末は紅葉巡りに出掛けられなかったので、その分も今日は今年の紅葉シーズンにとって貴重な一日となりました。

高瀬渓谷へは2年ぶり(2008.10.18)の訪問となりましたが、今回は観光タクシーを使わずに高瀬川テプコ館の見学バスを利用しました。高瀬川テプコ館は、高瀬ダムを中心とする水力発電施設を地域住民に理解してもらう目的で東京電力が建設した学習施設です。そのため、入館料はもちろん見学バスも無料で利用することができます。目当ての紅葉はややピークを過ぎた感じでしたが、一切お金をかけずに紅葉巡りを楽しむことができました。

11月3日

自宅 → 大峰高原(池田) → 高瀬川テプコ館・高瀬ダム・龍神湖・高瀬渓谷・葛温泉(大町) → 自宅

Pb0300112

写真は、大峰高原にある七色大カエデです。大峰高原は、高瀬渓谷よりも若干標高が低いため丁度良い見頃を迎えていました。

七色大カエデは、昭和22年の大峰高原の開拓により発見された自然木です。発見当初から既に巨木であったため人力では伐採することが出来ず、仕方なく幹を1m残して丸坊主にした状態で放置された結果、60年を経て現在のような形になったと言われています。

形や大きさも見事ですが、この巨木の最大の魅力は紅葉する早さが枝毎に異なる点にあります。一本の木でありながら一度に七色の紅葉を楽しむことができる美しいカエデです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

中信旅行記 vol.28

ヨッシーです。今週末は愛車が車検なので、一先ず紅葉巡りはお休みです。代車では遠出する気分にもなれないので、自宅と車検場の間にある史跡に立ち寄ることにしました。

Pa3000072

写真は、松本市新村にある物くさ太郎伝承地に立てられた…いや腰掛けて頬杖をついている物くさ太郎の像です。

物くさ太郎は、御伽草子に登場する出世物語の主人公です。その内容は、信州一の物くさ者であった太郎が厄介払いに京都に奉公に出されたところ、当地で力量を認められて貴族の娘と結婚し、天皇より信濃国主に任命されて信州に帰郷するというものです。太郎が住んでいた「信濃国筑摩郡あたらし郷」は、現在の長野県松本市新村(にいむら)であると考えられており、当地には太郎の時代から子株(ひこばえ)の代替わりが続いていると伝わる桜が残されていました。

物くさ太郎は、安曇野神話の主人公・泉小太郎(2008.10.4訪問)と並ぶ「安曇野の二太郎」の一人として中信地区の人々に現在も親しまれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

北信・中信旅行記 vol.2

ヨッシーです。急に秋も深まって、信州に紅葉の季節がやってきました。そこで今週末からはシーズン中、県内の紅葉スポットを巡ることにしました。

今日は、長野市にある戸隠神社奥社近くの鏡池に行ってきました。紅葉シーズンはマイカーの乗り入れが禁止されているので、中社の駐車場に車を停めてシャトルバス(1日500円)で移動しました。

10月23日

自宅 →(塩尻北IC~長野IC)→ 鏡池・戸隠神社奥社(長野) → 霊松寺(大町) → 安曇野蝶ヶ岳温泉(安曇野) → 自宅

Pa2300172

写真は、鏡池の水面に映った紅葉と戸隠山(標高1,904m)です。標高1,200mの戸隠高原にある鏡池は、風が止むと名前のとおり水面が鏡のように静まり返って山の木々や稜線をくっきりと映し出していました。

鏡池を左手に見ながら約3kmの散策路を進むと戸隠神社奥社の随神門(2008.4.13訪問)に到着します。随神門から奥社本殿に向かう約3kmの参道脇には樹齢400年を超える杉の巨木が立ち並び、こちらの景色も圧巻です。只、こちらの参道の人混みがまるで初詣のような賑わいで、参拝するのに2時間待ちの状態だったのには驚きました。現在、JR東日本のCMで吉永小百合さんが戸隠神社奥社の杉並木を歩いている様子が放映されていますが、このCMの影響だとしても異常な込み具合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

中信旅行記 vol.27

ヨッシーです。何とか無事に槍ヶ岳から帰還しました。富士登山の経験から三連休の最終日はどうしても休息日として空けておきたかったので、強行ながら二日での登山となりました。今日は一日、天気は良かったのですが、早朝から活動したので夕方にはかなり疲れました。

携帯電話で調べた松本地方の日の出時刻は4:30だったので、余裕を見て3:30に槍ヶ岳山荘を出発しました。当然、日の出前で外は真っ暗だったので、ヘッドライトの灯りを頼りに山頂を目指しました。道は険しかったですが、梯子や鎖があったので比較的楽に山頂に到着することができました。

7月18日

3:30槍ヶ岳山荘 → 4:00槍ヶ岳(標高3,180m、4:30日の出、5:00下山) → 5:30槍ヶ岳山荘(6:00朝食、7:30下山) → 8:00殺生ヒュッテ → 13:00槍沢ロッヂ(昼食) → 横尾山荘15:00 → 徳沢園16:00 → 明神館17:00 → 河童橋18:00

P71802092

写真は、槍ヶ岳山頂から撮影した槍の山影です。日の出とは逆の方角の雲海にヨッシーが立っている槍の穂先が映っていました。

日の出の写真とどちらをブログに載せるのか迷いましたが、こちらの写真を採用しました。東の空にはほとんど雲がなく強い朝日が山頂を照らし、一方西の空には雲海が広がってスクリーンの役目を果たすことで得られる景色であって、なかなか見られない光景だそうです。

最高の時間を十分に満喫してからいよいよ下山を開始しました。登りはヘッドライトで手元足元を照らすだけでしたが、降りは山の下までよく見えるので梯子や鎖場はスリル満天でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

中信旅行記 vol.26

ヨッシーです。つい先日まで降っていた雨も止んで、今朝は絶好の登山日和でした。空には怪しい雲が浮かんでいましたが、その分気温も低くて助かりました。

上高地から横尾山荘までは梓川沿いを進む平坦なピクニックコースでしたが、横尾山荘を過ぎるとアップダウンのあるハイキングコースになって、槍沢ロッヂを過ぎた所からは本格的なアルペンコースになりました。しかも、午後からは雨が降ったり止んだりの天気になって、蒸し暑さと泥濘んだ大雪渓に苦労しました。

7月17日

7:00河童橋 → 8:00明神館 → 9:00徳沢園 → 10:30横尾山荘 → 12:00槍沢ロッヂ(昼食) →(天狗原の大雪渓)→ 16:45殺生ヒュッテ → 17:45槍ヶ岳山荘

F10001062

写真は、天狗原の大雪渓から眺めた槍の頂です。一眼レフカメラを持参していましたが雨のため使用することができず、携帯電話のカメラで何とか撮影しました。

槍ヶ岳は、国内で第5位の標高(3,180m)を誇りますが、更に600m高い富士山ほど息苦しさ(空気の薄さ)は感じられませんでした。しかしながら、日本のマッターホルンと呼ばれる美しい山容とは正反対の切り立った山頂部への挑戦がまだ残っているので注意して臨みたいと思います。

現在、宿泊している槍ヶ岳山荘は、山頂に最も近い肩にあって約30分で頂上に到達することができます。今日は早めに寝て、明日の日の出1時間前(3:30)に山荘を出発して山頂を目指し、頂上でご来光(日の出)を拝みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

中信旅行記 vol.25

ヨッシーです。長梅雨のため一ヶ月ぶりの外出となりました。それでも、来週には三連休が控えているので、今週も遠方への旅は控えて松本市内の散策に止めました。

来週の三連休には、槍ヶ岳登山に挑戦する予定です。ヨッシーは、富士山に登ったことはありますが、それも10年以上前(20歳代)の事なので年齢による体力の衰えが心配です。唯一の安心材料は昨年10月(2009.10.24)に八海山に登った経験ですが、槍ヶ岳は3,000m級(標高3,180m)の山なので心配が尽きません。三連休までに梅雨が明けるのかも微妙なので、要らぬ心配(中止)になってしまう可能性もありますが、決心した以上は万全のコンディションで臨みたいと思います。

F10000492

写真は、松本市の名水・源智の井戸です。山道具の買い物のついでに訪れたのですが、繁華街の中にありながら現在もコンコンと水が湧き出していて、味もスッキリとして癖がないのでお茶やコーヒーを淹れるのに適しています。

源智の井戸は、室町時代から存在が知られている歴史のある井戸で、江戸時代には歴代の松本藩主が不浄禁制を出して守られてきました。松本平には多くの井戸が点在していますが、いずれも北アルプスの山々に蓄えられた水が長い年月をかけて地下水となって湧き出したものです。

来週は、このアルプスの水を命綱に槍の山頂を目指したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

中信旅行記 vol.24

ヨッシーです。先週末(3月6、7日)に予定していた鎌倉旅行は大雪のため断念することになりました。本来ならば一週遅れで今週末に出かけるところですが、来週の三連休にはまた遠方への旅を計画中です。

そこで今回は、買い物ついでに訪れた近所の神社を紹介したいと思います。

F10000142

写真は、塩尻市内にある「山ノ神社」です。鳥居の参額には、「山神社津島社」と書かれていて、山神神社と津島神社が合祀された神社であることが分かります。

山神神社は、大山祇神社(2008.12.30訪問)の系統であり祭神は大山津見神です。大山津見神は山と海(津)の神ですが、総本社である大山祇神社や三嶋大社(2008.6.28訪問)の神紋が主に海人(河野水軍や三嶋水軍)の家紋として使用されていることから海洋民族・安曇族との関係が想像されます。

津島神社(2009.3.22訪問)は、愛知県津島市に総本社を置く神社で祭神は津島牛頭天王(須佐之男命)です。須佐之男命は出雲神(国津神)の最高神であり、国津(コクズ)が縮まって牛頭(ゴズ)になったと考えられます。また、神紋が越前国二ノ宮・劔神社(2007.8.13訪問、織田家発祥の地)と同じであることからも、日本海沿岸を支配した出雲神との関係が想像されます。

両社に共通するのは、日本海を支配した海神(出雲神)を祖にするという点であり、諏訪大社(2009.1.4訪問、建御名方神)の由来とも一致します。出雲神が信州に進入してきたと考えられるルート上には葛温泉(大町市)がありますが、これも国津(コクズ)が縮まって葛(クズ)になったものかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

中信旅行記 vol.23

ヨッシーです。いよいよ今年も残すところ一ヶ月足らずとなりました。今月は連休がないので、週末に近場(県内から隣県辺り)を巡ろうと思います。その最初の週末は雨。今週末の外出は中止と思っていましたが、今日は雨から一転快晴に恵まれたのでちょっぴり松本市内を散策してきました。

東城山公園(林城跡)は、ヨッシーが信州にやって来たばかりの頃(1999.8.28)以来10年ぶりの訪問でしたが、当時と全く変わっていませんでした。

12月6日

埴原城跡 → 千鹿頭神社・広沢寺 → 東城山公園

Pc0600242

写真は、広沢寺境内にある小笠原家廟所です。広沢寺は、東城山公園の山裾南西側にあって、林城主小笠原氏の菩提寺となっています。

小笠原氏は、室町時代に信濃守護職を務めた名家で、元は武田信玄と同じ甲斐源氏から分家した加賀美氏を祖とします。甲斐源氏・武田氏の分家筋ながら、信濃守護になってからは府中家(林城)を中心に更に鈴岡家、松尾家が分家して信濃国内に新たに信濃源氏と呼ばれる一大氏族を形成しました。武田信玄によって一旦は滅亡したものの、後に子孫は松本藩主に復帰して、更に加増により小倉藩主(北九州市)へと出世しています。

小笠原というと日本の南海に浮かぶ小笠原諸島が有名ですが、実はこの名前も島の発見者が小笠原氏の子孫であったことに由来しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)