2010年6月13日 (日)

東京・埼玉旅行記 vol.2

ヨッシーです。昨日に引き続き、今日は東京都西部の訪問できていなかった史跡を巡りました。東京都西部への訪問は、2年ぶり(2008.9.20)となります。

東京都西部は、幕末の英雄・新撰組のリーダー・近藤勇(三鷹市)と副長・土方歳三(日野市)の出身地です。新撰組と言えば、活動拠点であった京都の壬生(2008.2.24訪問)が有名ですが、当地も新撰組にとっては東の聖地と言うべき重要な場所になっています。

6月13日

八王子・発 → 広園寺・西蓮寺(八王子) → 熊川神社(福生) → 郷土博物館・阿蘇神社(羽村) → 天寧寺(青梅) → 豊鹿島神社(東大和) → 長命寺(清瀬) → 平林寺(新座) → 田無神社(西東京) → 江戸東京たてもの園(小金井) → 禅林寺・龍源寺・近藤神社(三鷹) → 多磨霊園(府中) → 国分寺(国分寺) → 大国魂神社(府中) → 石田寺(日野) →(国立府中IC~塩尻IC)→ 自宅

P61309312

写真は、清瀬市にある長命寺の本堂です。このお寺の見所は、本堂の両脇に置かれた二基の御霊屋です。

この御霊屋は、かつて芝の増上寺(2009.3.26訪問)にあった徳川将軍家墓地の遺構で、東京大空襲によって荒廃した後の区画整理で東京プリンスホテルが建てられる際に移設されたものです。増上寺境内に僅かに残された徳川将軍家墓地は通常非公開なので、長命寺の御霊屋はそれを間近に見ることができる貴重な史跡です。

見るだけでなく触ることもできるのですが、残念だったのは御霊屋の側面に刻まれていたはずの御霊屋の主の記録が全て削り消されていた点です。長命寺に譲られた時点で御霊屋としての役目は終えているので仕方ありませんが、これらの御霊屋がどのような身分の方のものであったのかは興味があります。また、亡き主のためにこの立派な御霊屋を造った遺族の気持ちを思うと、残っただけでも嬉しいような、違った形で使われることになって悲しいような複雑な気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

神奈川・東京旅行記

ヨッシーです。6月に入って気温が上がり、最近少々バテ気味です。それでも、来週からはとうとう梅雨入りしそうなので、頑張って久しぶりに旅に出ました。

前回(2010.5.23)に続いて今回も、神奈川県内の史跡を巡りました。県内の主な史跡は訪問済みなので、今回はこれまでの選考から漏れていた史跡を西から順番に巡りました。

6月12日

自宅 →(塩尻IC~須走IC・御殿場IC~大井松田IC)→ 宗我神社・城前寺(小田原) → 西念寺(南足柄) → 勝福寺・宗福院・箱根病院・万松院(小田原) →(山崎IC~伊勢原IC)→ 大慈寺・洞昌院・霊山寺(伊勢原) → 国分寺・常泉院(海老名) → 薬師池公園(町田) → 日本民家園(川崎・多摩区) → 関家住宅(横浜・都筑区) →(港北IC~浦賀IC)→ 貞昌寺・信楽寺(横須賀) → 見桃寺・本瑞寺・大椿寺・三崎港(三浦) →(林IC~新保土ヶ谷IC・相原IC~打越IC)→ 八王子・泊

P61207822

写真は、信楽寺の境内にある坂本龍子のお墓です。

坂本龍子は、大河ドラマ「龍馬伝」で真木よう子さんが演じている坂本龍馬の妻・お龍です。墓石の表には、「贈正四位坂本龍馬之妻龍子之墓」と書かれていて、裏には龍子の没年月歳と戒名が「明治三十九年一月十五日寂享年六十有大謚照龍院閑月珠光大姉」と書かれていました。

龍馬の死後、龍子は龍馬の実家(高知)に身を寄せましたが、子がなかったため家を出て京都・大阪・東京と住所を変えて、29歳で西村松兵衛と再婚して以後31年間を横須賀で過ごしました。人生の半分以上を西村氏と一緒に過ごしたことになりますが、当時の29歳はもう出産を諦めていた歳なので、再婚は老後を養ってもらう目的であったと考えられます。

人気の高い龍馬ですが、暗殺された龍馬だけでなく龍馬と関わった女性達まで不幸な余生を送っているのが寂しく感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

東京旅行記 vol.27

ヨッシーです。地下鉄で廻れる範囲の史跡も一巡したので、今回は東急・京王沿線に大田・世田谷区の史跡を巡りました。今日のメインは、坂本龍馬ゆかりの立会川と勝海舟ゆかりの洗足池です。幕末の江戸に思いを馳せながら彼等の足跡を辿りました。

2月21日

大田・発 → 馬込八幡神社・萬福寺(大田区) →(西馬込~高輪台)→ 東禅寺・明治学院大学・立行寺・綱町三井倶楽部・慶応義塾大学(港区) →(三田~立会川)→ 伏見仲町稲荷・浜川砲台跡(品川区) →(立会川~京急蒲田・蒲田~武蔵新田)→ 新田神社(大田区) →(千鳥町~洗足池)→ 妙福寺・洗足池公園・洗足池弁財天・千束八幡神社(大田区) →(洗足池~九品仏)→ 浄真寺(世田谷区) →(九品仏~二子玉川)→ 岡本公園・岡本八幡神社・岡本静嘉堂緑地(世田谷区) →(二子玉川~三軒茶屋)→ 西澄寺(世田谷区) →(三軒茶屋~世田谷)→ 郷土資料館(世田谷区) →(上町~下高井戸・下高井戸~明大前)→ 築地本願寺和田堀廟所(杉並区) →(明大前~新宿)→ 新宿・着

P22103772

写真は、伏見仲町稲荷の境内に立っていた坂本龍馬の像です。大河ドラマ「龍馬伝」(5回目)で品川の坂本龍馬像として紹介されました。

品川区の立会川駅前付近には、かつて龍馬が所属していた土佐藩の江戸下屋敷があり、その縁から高知市より本像が寄贈されました。龍馬ファンならば一目で分かるように、本像は有名な桂浜(2008.12.28訪問)の龍馬像のレプリカになっています。ここからすぐ近くの海岸には浜川砲台跡がありますが、そこには龍馬と黒船のイラストが描かれた水門のフェンスがあるだけで、当寺の面影は全く感じられませんでした。

東京の史跡も粗方巡ったので、次回は1年ぶりに鎌倉を訪問したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

東京旅行記 vol.26

ヨッシーです。今週末も東京にやってきました。東京都区内の史跡巡りもいよいよ大詰めです。今回は、杉並・中野区方面を中心にこれまでの散策から漏れていた史跡を巡りました。地味な史跡の中で、偶然立ち寄った上井草駅で意外なブロンズ像を発見しました。

2月20日

新宿・発 →(新宿~中野坂上)→ 成願寺(中野区) →(中野坂上~東高円寺)→ 蚕糸の森公園・真盛寺・修行寺・妙祝寺(杉並区) →(新高円寺~荻窪)→ 観泉寺・上井草駅(杉並区) →(上井草~新井薬師前)→ 哲学堂公園(中野区) →(落合南長崎~東中野)→ 松源寺・天徳院・功運寺・宝泉寺(中野区) →(落合~門前仲町)→ 深川不動堂・富岡八幡宮・東京海洋大学(江東区) →(月島~勝どき)→ 東陽院(中央区) →(勝どき~月島・月島~新富町)→ カトリック築地教会(中央区) →(新富町~有楽町)→ 東京国際フォーラム・三菱一号館美術館・明治生命館・皇居(千代田区) →(竹橋~日本橋・日本橋~西馬込)→ 大田・泊

P22000762

写真は、上井草駅南口に立っていた「大地から」と名付けられたブロンズ像です。この像のモデルは間違いなく「ガンダム」ですが、なぜここに立っているのか理由も分からずにシャッターを切りました。

当駅から電車に乗ると、駅の発車ベルもガンダムの主題歌「翔べ!ガンダム」でした。これには何か理由があるはずと思って携帯(iモード)で調べたところ、当駅はガンダムの製作会社「㈱サンライズ」本社の最寄り駅であり、アニメ製作の聖地であることが分かりました。

史跡巡りに訪れながら思わぬ発見で、今回はガンダムの紹介になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

東京旅行記 vol.25

ヨッシーです。今日は、台東区から北区方面の史跡を巡りました。本日のメインは、飛鳥山公園(旧渋沢栄一邸)と旧古河庭園です。いずれも大正時代を代表する近代洋風建築の傑作です。

2月7日

台東・発 → 海禅寺・曹源寺・かっぱ橋道具街・正定寺・東京本願寺(台東区) →(田原町~浅草)→ 墨田区役所・天祥寺・本法寺・法恩寺(墨田区) →(錦糸町~平井)→ 善通寺・最勝寺(江戸川区) →(平井~錦糸町・錦糸町~清澄白河)→ 霊巌寺(江東区) →(清澄白河~上野御徒町)→ 上野恩賜公園・下町風俗資料館・玉林寺・臨江寺・寛永寺・真源寺(台東区) →(入谷~三ノ輪)→ 梅林寺・見返り柳・東禅寺・春慶院(台東区) → 浄閑寺(荒川区) →(三ノ輪橋~飛鳥山)→ 正受院・飛鳥山公園・旧古河庭園・大龍寺(北区) →(駒込~本駒込)→ 吉祥寺・南谷寺(文京区) →(本駒込~後楽園・春日~新宿西口)→ 新宿・着

P20706802

写真は、旧古河庭園内に建てられている旧古河家住宅です。大正6年(1917年)の建築で、設計者は近代洋風建築の第一人者であるジョサイア・コンドルです。

古河家は、十大財閥の一つ・古河財閥(古河三水会)の創業家であり、現在の主幹は古河機械金属(旧古河鉱業)です。このグループには、古河電工や富士通、富士電機など壮々たる大企業が名を連ねますが、古河財閥と言えば良くも悪くも足尾銅山(2009.4.19訪問)を抜きに語ることは出来ません。

古河財閥の創業者・古河市兵衛は、明治10年(1877年)に江戸時代からの採掘で既に産出量が低下していた足尾銅山を買収し、それを辛抱強く調査した結果、大鉱脈を次々と発見して大財閥を築き上げました。しかしその後、悪名高い足尾鉱毒事件によって厳しい公害対策を迫られ、勢いを失速させました。旧古河家住宅は、古河家の昔日の栄光を今日に伝えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

東京旅行記 vol.24

ヨッシーです。今週末、再び東京にやってきました。今回は、都営三田線に沿って板橋区から豊島区方面の史跡を巡りました。この地域では江戸時代の大火や空襲をきっかけに都心から移転してきた古寺が多く見られました。

2月6日

新宿・発 →(新宿西口~牛込柳町)→ 常楽寺(新宿区) →(牛込柳町~春日)→ 礫川公園・伝通院(文京区) →(春日~西高島平)→ 乗蓮寺・松月院(板橋区) →(新高島平~志村坂上)→ 総泉寺(板橋区) →(志村坂上~板橋区役所前)→ 東光寺(板橋区) → 板橋駅(北区) →(新板橋~西巣鴨)→ 善養寺・妙行寺・総禅寺・本妙寺・慈眼寺・勝林寺・染井霊園・高岩寺・真性寺(豊島区) →(巣鴨~白山)→ 浄土寺・円乗寺・大圓寺・西善寺・高林寺・養源寺・蓮光寺(文京区) →(本駒込~後楽園・春日~上野御徒町・上野御徒町~浅草)→ 浅草寺・花やしき(台東区) → 台東・泊

P20601632

写真は、本妙寺の本堂右奥に立てられていた明暦大火の供養塔です。

本妙寺は、明治44年(1911年)に本郷丸山から当地に移転してきた古寺です。明暦3年(1657年)1月18日、当寺を火元として燃え広がった炎は、江戸城の天守閣をはじめ町の半分以上を焼いて死者108,000人の大惨事となりました。この火事の原因が呪いの振袖であったことから、別名・振袖火事と呼ばれています。

その一方、明暦大火の発生原因は江戸の町の再開発を目的とした幕府による付火(行政代執行)であったとする説もあります。この火災を契機に江戸が火災に強い町に生まれ変わったことや、火元とされた本妙寺が取り潰しにならなかった(幕府の責任を本妙寺が肩代わりした)ことがその根拠とされています。そして後年、当寺は南町奉行・遠山景元(遠山の金さん)や北辰一刀流の開祖・千葉周作、関宿藩主・久世家などの菩提寺になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

東京旅行記 vol.23

ヨッシーです。今日は、台東区から文京区方面の史跡を巡りました。本日のメインは、小石川植物園です。

小石川植物園は、江戸幕府5代将軍・徳川綱吉が貞享元年(1684年)に開園した小石川御薬園を起源とするもので、8代将軍・吉宗の時代には園内に貧困民のための小石川養生所が開設されました。この小石川養生所の開設を直接指揮したのは、当時の北町奉行・大岡忠相(大岡越前)です。

1月24日

台東・発 → 下谷神社(台東区) →(稲荷町~入谷)→ 小野照崎神社(台東区) →(入谷~三ノ輪)→ 永久寺(台東区) → 円通寺(荒川区) →(三ノ輪~西日暮里)→ 青雲寺・富士見坂・諏方神社・浄光寺・養福寺・本行寺・日暮里駅(荒川区) → 観音寺・全生庵・谷中霊園・天王寺・浄明院・寛永寺・旧東京音楽学校奏楽堂・東京国立博物館・輪王寺(台東区) → 麟祥院(文京区) →(本郷三丁目~茗荷谷)→ 深光寺・小石川植物園・旧東京医学校本館・占春園(文京区) →(茗荷谷~後楽園・春日~新宿西口)→ 新宿・着

P12403992

写真は、小石川植物園から眺めた旧東京医学校本館です。旧東京医学校本館は、明治9年(1876年)に現在の東京大学本郷キャンパス内に建設されたもので、昭和44年(1969年)に当地に移築されました。東京大学に現存する建造物の中で最古の建築であり、国の重要文化財に指定されています。

東京医学校は現在の東京大学医学部の前身であり、本館が建設された翌年の明治10年(1877年)に東京開成学校と統合して東京帝国大学(現、東京大学)となりました。一方、小石川植物園は東京開成学校を前身とする理学部の管轄でしたが、両校が統合(東京大学の誕生)されたことにより当地へ移築されることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

東京旅行記 vol.22

ヨッシーです。本日、早朝に信州を出発して東京にやってきました。冬は路面の凍結が心配なので、出来るだけ公共交通機関を利用したいと思います。そんな訳で春までは首都圏を中心に散策していきたいと思います。

今回も、都営地下鉄と東京メトロの共通一日乗車券(1,000円)を利用しました。金額的には若干マイナスですが、乗り換えの度に切符を買う手間(時間)が省けるので便利です。

1月23日

新宿・発 →(新宿~目黒・目黒~西小山)→ 円融寺・正泉寺(目黒区) →(西小山~不動前)→ 瀧泉寺・五百羅漢寺・海福寺・蟠竜寺・大円寺(目黒区) → 最上寺(品川区) → 瑞聖寺(港区) →(白金台~麻布十番)→ 善福寺・賢崇寺(港区) →(麻布十番~六本木・六本木~広尾)→ 祥雲寺(渋谷区) →(広尾~湯島)→ 旧岩崎家庭園・教証寺(台東区) →(上野広小路~稲荷町)→ 台東・泊

P12302122

写真は、国の重要文化財・旧岩崎家住宅です。明治29年(1896年)の建築で、設計者は国内洋風建築の第一人者であるジョサイア・コンドルです。

現存するコンドルの建築は、旧岩崎家住宅の他に、ニコライ堂(2008.5.21訪問)、綱町三井倶楽部、六華苑(2009.3.22訪問)などがあります。この住宅をコンドルに建てさせたのは、三菱財閥の創設者・岩崎弥太郎の長男で三菱財閥の三代目に当たる久弥です。コンドルは、三井・三菱財閥と親交が深く、この縁により両財閥の建築を多く手がけています。

岩崎弥太郎は、現在の大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬と対を成す今話題の人物です。しかし、坂本龍馬と同じ土佐国の出身でも、龍馬が高知城下(高知市)の出身であるのに対して、弥太郎は城下から遠く離れた安芸(2008.12.27訪問)の出身で、恐らく両者の面識は東京に行くまで無かったものと思われます。しかし、幕末の激動期に日本初の会社・亀山社中(2008.5.12訪問)を創設して土佐国一の有名人になった龍馬に憧れて、その背中を追いかけることで三菱財閥を築き上げたのは紛れも無い事実であると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

東京旅行記 vol.21

ヨッシーです。出張で、東京都品川区にやってきました。今日も早起きして出勤前に品川駅前を散策しました。今回は、京急沿線の史跡を巡りました。

9月29日

鮫洲八幡神社・大井公園 → 海晏寺 → 海雲寺・品川寺 → 諏方神社・天妙国寺 → 常行寺・願行寺・妙蓮寺・海蔵寺・東関森稲荷神社 → 清光院

P92900402

写真は、品川寺の門前に鎮座している銅造地蔵菩薩坐像です。像の高さは3m近くあり、江戸六地蔵の一番とされています。

江戸六地蔵とは、深川の地蔵坊正元が民衆の旅の安全を祈願して、宝永5年(1708年)に江戸の入口に当たる六街道に造立したものです。ちなみに、品川寺(東海道)以外の六地蔵は、東禅寺(日光街道)、太宗寺(甲州街道)、真性寺(中山道)、霊巌寺(水戸街道)、永代寺(千葉街道)です。

六地蔵の一つ・永代寺は、かつて富岡八幡宮の別当を務める寺院でしたが、明治時代の神仏分離令によって廃寺となり地蔵も取り壊されてしまいました。しかしながら、民衆の六地蔵に対する強い想いから、永代寺の地蔵は明治39年(1906年)に上野の浄明院に再造され今日に至ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

東京旅行記 vol.20

ヨッシーです。埼玉での仕事を終えて、信州に帰って来ました。その帰り道の池袋駅で面白いモニュメントを発見しました。案内板によると結構、作成意義の高い記念像であることが分かりました。

F10000542

写真は、JR池袋駅北口の地下通路にある「いけふくろう」の像です。昭和62年(1987年)の国鉄民営化(JR発足)を記念して立てられたもので、建立当初は渋谷駅の忠犬ハチ公像のような池袋駅のシンボルとなることを期待されました。像の名前は、皆様の推察どおりただのシャレです。

「いけふくろう」のモデルは、豊島区・鬼子母神のお守りである「すすきみみずく」です。「すすきみみずく」は、病気の母の回復を祈った娘に神様(鬼子母神)が授けた手製のお守りであり、またふくろうは「福籠(福が詰まった袋)」とも読み替えることができる縁起物として池袋のシンボルに採用されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)