2009年11月23日 (月)

和歌山・大阪旅行記

ヨッシーです。夜通し降り続いた雨も明け方には上がって、今日は一日快適な旅日和でした。昨日に引き続いて和歌山市内の史跡を巡った後、阪和自動車道に沿って時間一杯大阪南部の史跡を巡りました。

大阪南部は丁度紅葉シーズンで、大阪と和歌山の県境にある葛城山の麓・大威徳寺では「牛滝山もみじまつり」が催されていました。静かに山奥の古寺を巡るつもりでしたが、紅葉狩りに向かう車の渋滞と人混みに巻かれて大変でした。

11月23日

和歌山・発 → 伊太祁曽神社・紀伊風土記の丘・日前国懸神宮・和歌山城・奥山稲荷社・蓮乗寺・加太春日神社(和歌山) → 船守神社(岬) → 法福寺・波太神社(阪南) → 正法寺・奥家住宅・意賀美神社・総福寺・慈眼院・日根神社・火走神社(泉佐野) → 来迎寺・隆井家書院・煉瓦館・中家住宅(熊取) → 孝恩寺(貝塚) → 大威徳寺・積川神社(岸和田) →(岸和田和泉IC~天理IC・亀山IC~塩尻IC)→ 自宅

Pb2321902

写真は、非常に珍しい波太神社の望楼型の拝殿です。昭和10年(1935年)に建てられた新しい建築ですが、不思議と古社の風格が漂っていました。

波太神社に祀られている角凝命は、鳥取氏の祖先とされている神様です。この名の通り、鳥取氏は鳥取県の県名の由来であると言われています。なぜ山陰地方(鳥取県)と大阪に同じ名前(地名)があるのか?記紀には、空を飛ぶ白鳥を所望された垂仁天皇の命を受けた角凝命が見事それを捕獲した褒美に鳥取姓を戴いたとの記述があります。そして、その白鳥を追いかけて行って捕獲した場所が山陰地方(島根県?)だったと言われています。

垂仁天皇は紀元前の人物であり、邪馬台国の女王・卑弥呼の時代よりもさらに200年以上過去に遡ります。この時代に白鳥を追って大阪から山陰(出雲)まで移動できたのは、当時既に山陰から関西までが同一勢力圏であったことを表しています。すなわち、ヨッシーが考える邪馬台国の勢力は当時既に「北九州→出雲→関西」へと拡大しており、卑弥呼の時代にはその都が関西にあったことになります(2009.3.30参照)。

波太神社の「波太」は、桑畑(くわばた)の地名に由来すると言われています。しかし、ヨッシーは邪馬台国の王族等は大陸から渡来したと考えています。垂仁天皇の頃の中国は前漢の時代であり、その前(秦)の時代に多くの中国人が渡来しています。角凝命も彼等の子孫であったため、故国の名前「秦(はた)」を自分の領地の名前にしたのだと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

大阪旅行記 vol.3

ヨッシーです。出張2日目は大阪市中央区で仕事だったので、早起きして道中の史跡を巡りながら勤務先まで移動しました。ビルや住宅街の中から目的の寺社を探すのに予想以上に時間がかかりました。

10月15日

大願寺・崇禅寺 →(新大阪~本町)→ 西本願寺津村別院・坐摩神社・東本願寺難波別院・難波神社

Rimg00122

写真は、崇禅寺の境内で見つけた細川玉子(玉、ガラシャ)の墓です。崇禅寺は、嘉吉2年(1442年)に室町幕府の当時の管領・細川持賢が足利義教(6代将軍)と細川家の菩提寺として再興した寺院です。

細川ガラシャは、関ヶ原の戦い(1600年)当時の細川家の当主・忠興の正室で、大坂城下の屋敷で暮らしていました。しかし、細川家は東軍(徳川家康軍)に属したことから西軍(石田三成軍)に人質として捕縛されそうになったため、屋敷に火を放って死を選びました。

この墓は、宣教師・オルガンチーノがその屋敷の焼け跡からガラシャと近習たちの遺骨を拾い集めて埋葬したものと言われています。ガラシャは敬虔なクリスチャンであったためオルガンチーノが埋葬したものですが、そうすると当時の墓碑はキリスト教式であったと考えられます。このことから、この墓は禁教令の後に崇禅寺によって仏教式に作り直されたものと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

大阪旅行記 vol.2

ヨッシーです。早起きして、四天王寺と安居神社を散歩しました。四天王寺は聖徳太子が初めて建立した寺院と言われています。安居神社は四天王寺の西方1km程のところにあります。

Rimg0016

写真は、安居神社の境内に建っていた真田幸村戦死跡の碑です。

真田幸村は、大坂夏の陣で四天王寺に本陣を構えていた徳川家康に対して突撃を敢行しましたが、後一歩のところで討ち死にしたと言われており、その場所がこの安居神社の境内であったといわれています。しかし、ここで討ち死にしたのは影武者の1人であり、幸村本人は鹿児島に逃れたという異説も残されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

大阪旅行記

ヨッシーです。出張で大阪にやって来ました。大阪では桜が満開の盛りでした。今日で、造幣局の桜の通り抜けが最終日ということで行って参りました。

D1000005

造幣局には、色々な種類の桜が植えられていて、種類の中にはまだこれから開花するものもありました。桜のトンネルの中を歩きながら日本人として生まれたことを幸せに感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)