2011年4月30日 (土)

福岡・佐賀旅行記

ヨッシーです。GWの二日目は、門司から九州を反時計回りに唐津まで走りました。今日のメインは、国宝指定第一号である志賀島の金印です。金印の発見場所は現在、金印公園として整備されていて、実物は福岡市博物館で展示されています。

4月30日

下関・発 →(壇之浦PA~門司港IC)→ 門司港レトロ(北九州・門司区) →(門司IC~古賀IC)→ 金印公園(福岡・東区) →(箱崎IC~百道IC)→ 福岡市博物館(福岡・早良区) →(百道IC~前原東IC・吉井IC~二丈鹿家IC)→ 鏡山温泉(唐津) → 唐津・泊

P43004922

写真は、志賀島の金印公園にある金印発見場所の碑です。モニュメントの中央には金印の刻面にある「漢倭奴国王」の文字が刻まれていました。

金印は、一世紀の中国(後漢)の皇帝(光武帝)が日本(倭)の当時の福岡にあった国(奴国)の王に当地の支配を認める証として与えたとされる印綬です。福岡市博物館で見たこの印綬の実物は思っていたよりも小さいものでしたが、金の純度が現在のものと遜色ないほど非常に高く、当時の中国の精錬技術の高さが感じられました。

それにしても、この印綬はなぜ福岡から離れた志賀島から発見されたのか?当時の中国で印綬(玉璽)は皇帝の証そのものであったことから、奴国王も自分の身分を証明するものとしてこの印綬を肌身離さず持参していたと考えられます。この金印発見場所からは、博多湾と能古島、更にその先に博多港が見えます。ヨッシーは、古代国家の統一の過程で戦いに敗れた奴国王は中国を目指して海に出たが、志賀島で追い詰められたため当地に金印を隠したのではないかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

大分・福岡旅行記

ヨッシーです。最終日は大分から小倉に戻りながら、行き(23日)に時間の都合で立ち寄ることが出来なかったスポットを訪問しました。

6月25日

大分・発 → 城山公園・勘定場の坂・磯矢邸・杵築小学校・大原邸・酢屋の坂・養徳寺(杵築) → 暘谷城址・松屋寺(日出) → 青の洞門・羅漢寺(中津) → めかり公園・甲宗八幡神社(北九州・門司区) → 手向山公園(北九州・小倉北区) → 小倉・着

P62500952

写真は、絶壁に建てられた羅漢寺の山門です。まるで仙人が住んでいる中国寺院のような神秘的な環境に感動させられました。

しかし一方、当寺院はまるで天国に近い環境に建てられているからか、水子に対する母親の懺悔の気持ちが記された杓文字がたくさん収められていて涙を誘われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

福岡・大分旅行記

ヨッシーです。今日は、小倉から大分に向かって走ってみました。小雨が降ったり止んだりの蒸し暑い一日でしたが、何とか傘を差さずに一日を終えることができました。

6月23日

小倉・発 → 豊前国分寺跡(行橋) → 八幡古表神社(吉富) → 自性寺・中津神社・中津城・福澤記念公園・闇無浜神社・円応寺・合元寺・薦神社(中津) → 芝原善光寺・東別院・西別院・大乗院・鷹栖つり橋公園・東光寺・宇佐風土記の丘・宇佐神宮(宇佐) → 若宮八幡神社・天念寺・川中不動(豊後高田) → 文殊仙寺・両子寺(国東) → 富貴寺・真木大堂・熊野磨崖仏(豊後高田) → 海門寺・別府温泉(別府) → 大分・泊

D1000007

写真は、別府温泉の老舗・竹瓦温泉です。明治の創業時の屋根が竹葺きであったことが名前の由来になっています。また、この温泉には砂風呂があることも大きな特徴です。

ヨッシーも今回初めて砂風呂を体験しました。思っていた以上に砂がズッシリと重く、体内の疲れが汗と一緒に搾り出されてスッキリすることができました。最後に温泉大国・大分を満喫できて満足の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

山口・福岡旅行記

ヨッシーです。福岡にやってきました。今日で仕事は終わりですが、このまま週末をこちらで過ごすことにしました。今日は暗くなるまで関門海峡周辺を散策しました。

6月22日

小倉・発 →(関門トンネル)→ カモンワーフ(下関) →(ボイジャー)→ 巌流島(下関) →(ボイジャー)→ カモンワーフ・旧秋田商会ビル・旧英国領事館・亀山八幡宮・赤間神宮・みもすそ川公園・引接寺・ロダン美容室(下関) →(関門トンネル)→ 和布刈神社・めかり公園(北九州・門司区) → 小倉・泊

P6220089

写真は、めかり公園(門司)から見た関門海峡の夜景です。今にも降り出しそうな天候のため上空には靄がかかっていましたが、何とか関門橋と対岸の下関の明かりを望むことができました。

何とか週末いっぱい天気が持つように、素晴らしい夜景に祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

福岡旅行記 vol.2

ヨッシーです。2日目は、福岡南部を散策しました。南部は、大宰府、秋月、久留米、柳川と見所が多くてハードな移動になりました。

4月28日

博多・発 → 宇美八幡宮・大野城跡・岩屋城跡(宇美) → 竈門神社・大宰府天満宮・光明禅寺・観世音寺・大宰府政庁跡・筑前国分寺・水城跡(大宰府) →(大宰府IC~甘木IC)→ 古心寺・石田家住宅・眼鏡橋・時櫓・秋月城跡・垂裕神社・平塚川添遺跡(朝倉) → 高良大社・久留米城跡・篠山神社・梅林寺・大善寺玉垂宮(久留米) → 福巌寺・柳川城跡・御花松涛園・水天宮・北原白秋生家(柳川) → 佐賀・泊

Rimg0056_2

写真は、大宰府天満宮の本殿脇にある「飛梅」です。京都に住んでいた菅原道真の屋敷に生えていた梅の木が、大宰府に左遷された際に恋しさのあまり飛んできたと言われています。

大宰府天満宮には、この飛梅の子株と言われる梅園があって、ここで採れた梅を漬けた梅干や梅酒(御神酒)が売られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

福岡旅行記

ヨッシーです。今日から休みを取ってゴールデンウィーク(4連休)です。そこで、そのまま九州に滞在して情報収集することにしました。1日目は、福岡東部を散策しました。

4月27日

博多・発 → 箱崎宮・崇福寺・香椎宮・六所宮・梅岳寺・志賀海神社・金印公園・蒙古塚(福岡・東区) → 宮地嶽神社(福津) → 宗像大社・鎮国寺(宗像) →(若宮IC~勝山IC)→ 小倉城・八坂神社・福聚寺(北九州・小倉北区) →(富野IC~春日IC)→ 旧大阪商船・旧門司三井倶楽部・国際友好記念図書館・旧門司税関・JR門司港駅(北九州・門司区) →(大里IC~博多駅東IC)→ 博多・泊

Rimg0081

写真は、宮地嶽神社の奥宮本殿内の様子です。見ての通り石洞の中にあるのですが、この石洞は実は古墳の石室です。また、この石室は非常に広くて、奈良の石舞台古墳に匹敵します。

近くには、神話で有名な宗像三女神を祀っている宗像大社があることから、かなり強い力を持った権力者がこの地を治めていた(国が存在した)ことが予想されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)