2010年10月24日 (日)

南信・東信旅行記 vol.2

ヨッシーです。今日は、茅野市にある横谷渓谷に行ってきました。横谷渓谷は、諏訪湖に注ぐ上川の上流にあって、途中に大小複数の滝を持つ自然豊かな散策ポイントです。

横谷渓谷へは渓流の北側を走る国道299号線(メルヘン街道)から入るのが一般的ですが、ヨッシーは渓流の南側も見てみたかったので県道191号線を登って渋温泉から渓流を渡って国道299号線に入るルートを走りました。

10月24日

自宅 →(塩尻IC~諏訪IC)→ 御射鹿池・横谷渓谷・白樺湖(茅野) → 御泉水自然園(立科) → 大河原峠・旧中込学校(佐久) →(三才山トンネル)→ 自宅

Pa2400032

写真は、県道191号線の明治温泉の入口付近にある御射鹿池です。池とは言っても御射鹿池は自然の池ではなくて、農業用の貯水池として昭和8年(1933年)に造られた人造池です。

池の際まで迫った木々が水面にくっきりと映った様子は、まるで万華鏡を通して見ているように幻想的でした。また、この景色は画家・東山魁夷をも魅了したようで、名画「緑響く」のモデルになったとも言われています。

御射鹿池は、地元の人にしか知られていないマイナーな池ですが、一見の価値は十分にあるヨッシー一押しのビューポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

北信・東信旅行記

ヨッシーです。いよいよGWがはじまりました。早い方は25日から大型連休というケースもあるようですが、ヨッシーは5月2日から本格的な連休に入ります。そこでGW前半(4月)は後半(5月)の旅に向けての準備期間(日程検討と体調管理)に充てることにしました。

本日は、一日だけの祭日です。GWの中では一番混雑が少ない日(日帰りで外出する方が多い日)と考えて、準備期間ではありましたが善光寺の前立本尊(御開帳)に参拝してきました。御開帳は7年に一度のイベントで5月31日まで行われています。

このイベントの一番のお勧めは「御印文頂戴」です。善光寺は来世にご利益があることで知られていますが、御印文は当に閻魔大王に対して天国行きを証明していただける有難い印です。実際に大盗賊であった石川五右衛門もこの御印文で天国に行ったと言われています。お坊様にお経を唱えながら頭の上に押していただきますが、その印は死後に必要なものなので現世では見えません。

来世ご利益の善光寺に対して、現世にご利益があるのが北向観音(旧長楽寺)です。善光寺が南向きなのに対して北向観音は名前のとおり北(善光寺の方角)を向いていて、現世の不利益を除く厄除け観音として知られています。すぐ隣には別所温泉「大師の湯」もあるので心と体両方の厄を祓うことができます。

4月29日

自宅 →(塩尻北IC~須坂長野東IC)→ 須坂アートパーク・興国寺(須坂) → 善光寺・長国寺・西念寺・矢沢家表門・旧松代藩鐘楼・旧横田家住宅・大英寺・大林寺・蓮乗寺・西楽寺・林正寺(長野) → 長楽寺・水上布奈山神社・智識寺(千曲) → 北向観音・別所温泉・将軍塚(上田) →(平井寺トンネル)→ 法住寺・天竜寺(上田) →(三才山トンネル)→ 自宅

P42902302

写真は、真田信政の霊屋を移築したと言われる林正寺の本堂です。

信政は松代藩の二代藩主で、初代藩主で父である信之と同じ真田家の菩提寺・長国寺に葬られています。ただし、信政は信之よりも先に亡くなっていたため、この霊屋は信政の子である三代藩主・幸道が祖父・信之の死後同時に建立されたものであり、形も瓜二つです。

信之の霊屋は国の重要文化財に指定されていますが、信政の霊屋は県宝(県の重要文化財)止まりとなっています。信政の霊屋が国の重要文化財に指定されていないのは林正寺へ移築した際に一部を本堂向きに改造したためと考えられますが、おかげで柵に囲まれて近づくことができない信之の霊屋と違いこちらは間近でその造りを確認することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

南信・東信旅行記

ヨッシーです。三連休の初日は、満開を迎えたニッコウキスゲを観に車山高原のビーナスラインを走ってきました。連休にも関わらず意外に道が空いていたので、のんびりと景色を堪能することができました。

7月19日

自宅 → 車山高原(諏訪) → 美ヶ原高原(長和) → 自宅

P7190030

写真は、黄色く染まった車山(霧ケ峰)高原・車山肩の景色です。黄色く見えるのが、車山高原を代表する高山植物・ニッコウキスゲ(日光黄菅)の花です。

ニッコウキスゲは、高原の湿地帯に群生するユリ科植物で、7月下旬から8月上旬にかけて黄色い花を咲かせます。決して派手ではありませんがユリ科らしいラッパ形の花弁が美しい一方、朝に開花してから夕方には萎んでしまうという一日花故の儚い宿命を負っています。

長く寒い冬を耐え抜いて、この短い夏に一日限りの美しい花を一気に咲かせるニッコウキスゲに桜と通じる日本の美と精神を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

東信・群馬旅行記 vol.2

ヨッシーです。ガソリン価格が上がってしまったので、5月の連休は信州で大人しくしているつもりでしたが、それも勿体ないので車中泊の貧乏旅行に出かけることにしました。東信から群馬南部、そして埼玉中・西部を走ってみることにしました。

5月3日

自宅 →(塩尻北IC~佐久IC)→ 追分公園・泉洞寺・諏訪神社・旧追分宿・浅間神社・長倉神社・雲場池園地・聖パウロカトリック教会・神宮寺・ショー記念礼拝堂・旧三笠ホテル・旧軽井沢礼拝堂(軽井沢) → 峠の湯(群馬・安中) → 安中・泊

P5030043

写真は、軽井沢発祥の地に建てられたショー記念礼拝堂です。

アレキサンダー・クロフト・ショー氏は、明治18年(1885年)にキリスト教布教のため初めて軽井沢を訪れた英国人です。軽井沢の環境が故郷のスコットランドに似ていたことから、ショー氏は明治19年(1886年)にこの地に礼拝堂を建て、さらに明治21年(1888年)には別荘(ショーハウス)を建てて広く世界に軽井沢を紹介しました。

この礼拝堂は軽井沢で最も古いものであり、その隣に建つショーハウスは軽井沢の別荘第一号と言われています。当にこの地は軽井沢の父・A・C・ショー氏が拓いた軽井沢の聖地であり、氏の愛した環境を今も残すパワースポットになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

中信・東信旅行記

ヨッシーです。今日で休みも終わりなのでゆっくり休む予定でしたが、あまりにも良い天気だったので午後から少し外出してきました。途中、青木峠(本城村)の辺りで少し雪が残っていましたが、ほとんど問題なく目的地に到着することができました。

1月6日

自宅 → 若宮八幡神社・玄向寺(松本) → 大法寺・沓掛温泉(青木) →(三才山トンネル)→ 自宅

P1060046

写真は、国宝・大法寺の三重塔です。鎌倉時代の建築で、県内最古の三重塔です。簡素で均整の取れたその姿から、見返りの塔の異名を持ちます。その名前の通りヨッシーも帰り際に名残惜しさのあまり何度も振り返ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

東信・山梨・南信旅行記

ヨッシーです。三連休の3日目は、東信方面の残りから山梨に入りました。今日でやっと、信州の主だった地域を一廻りすることができました。信州にやってきて9年目、やっと目標達成です。

9月24日

臼田・発 → 新海三社神社(臼田) → 松原諏訪神社(小海) → 海ノ口城跡・JR最高地点(南牧) → 三分一湧水(山梨・北社) →(須玉IC~甲府昭和IC)→ 法泉寺・積翠寺・要害山・円光院・大泉寺・長禅寺・能成寺・東光寺・甲斐善光寺・逍遥禅院・尊躰寺(山梨・甲府) →(甲府昭和IC~諏訪IC)→ 貞松院(諏訪) → 自宅

P92404062

写真は、長禅寺の巨大鐘です。何と重さは11tもあるそうです。

長禅寺は、武田信玄の母・大井夫人の菩提寺で、甲府五山の筆頭の地位にある由緒ある寺院です。ちなみに、他の五山は、法泉寺、円光院、能成寺、東光寺になります。この寺院にある建造物は、とにかく巨大なものが多く、圧倒されっ放しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

東信旅行記

ヨッシーです。三連休の2日目から、東信方面に情報収集に出掛けました。3月10日に上田で終わっていた「風林火山」史跡めぐりの続きです。

9月23日

自宅 →(三才山トンネル・平井寺トンネル)→ 生島足島神社・石久摩神社・観音寺・板垣神社・芳泉寺・大輪寺・砥石城跡・山家神社・長谷寺・真田氏本城跡(上田) → 興善寺・海野宿・白鳥神社(東御) → 武田信繁首塚・懐古園・〆掛墓地・尊立寺(小諸) → 龍雲寺・西念寺・正法寺・雲興寺・旧中込学校・円城寺・貞祥寺・洞源湖温泉(佐久) → 臼田・泊

P9230142

写真は、北国街道・海野宿の町並みです。約650mに渡ってこの町並みは続いており、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

海野宿の特徴は、卯建(うだつ)と呼ばれる一階屋根の両端に設けられた壁でしょう。隣から覗かれたり侵入されることを防止するためのものですが、元々は隣の家の火が燃え移らないようにするための防火壁であったと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

中信・北信・東信旅行記

ヨッシーです。今年の冬は本当に暖かくて心配です。でも、おかげさまで早くに北方面にも情報収集に出かけることができました。つくしでも生えてきそうな陽気でした。

3月10日

自宅 → 沙田神社(松本) →(松本IC~更埴IC)→ 雨宮渡し(更埴) → 勘助宮跡・東昌寺・昌龍寺・諸角豊後守墓・長徳寺・山本勘助墓・柴阿弥陀堂・大鋒寺・典厩寺・胴合橋・明徳寺・長国寺(長野) →(長野IC~坂城IC)→ 村上義清供養塔・坂城神社・満泉寺・村上神社・西教寺(坂城) → 上田古戦場公園(上田) →(平井寺トンネル・三才山トンネル)→ 自宅

Rimg0037

写真は、西教寺の境内にある村上義清の墓です。大河ドラマブームで観光案内板の整備が進む中、この墓は注目も浴びずにひっそりと、しかし立派に建てられていました。この寺の開山が村上義清の子孫であることから、偉大な祖先を祀ったものと思われます。

村上義清は、武田信玄に信州を追われてから上杉謙信に仕えて戦い続けましたが、ついに信州の土を踏むことなく亡くなって光源寺(新潟県上越市)に葬られています。しかしながら、義清の地元に複数の供養塔や墓碑が作られて、今日まで保護されていることから義清の偉大さを推測することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

東信・群馬旅行記

9月10日

自宅 →(三才山トンネル)→ 熊野皇大神社(軽井沢) → めがね橋・鉄道博物館(群馬・松井田) →(横川IC~沼田IC)→ 沼田城址(群馬・沼田) → 草津温泉(群馬・草津) → 志賀高原・泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)