2010年9月25日 (土)

山口旅行記 vol.2

ヨッシーです。中国旅行の最終日は、萩から山口を経て滋賀(栗東)に帰省しました。今日の目的地である吉田松蔭と久坂玄瑞(松蔭の妹婿)の誕生地はいずれも萩市郊外(城から離れた場所)にあることから、彼等の身分はそれ程高くはなかったと思われます。

9月25日

萩・発 → 松蔭神社・東光寺・吉田松蔭誕生地・久坂玄瑞誕生地・大照院・萩往還公園(萩) → 常栄寺・雲谷庵跡・香山公園・龍福寺・湯田温泉(山口) →(山口IC~栗東IC)→ 栗東・泊

P92503622

写真は、吉田松蔭誕生地に立てられた吉田松蔭と金子重輔の像です。

金子重輔は、商人の身分でありながら藩国家のために尽くすことを志し、吉田松蔭に弟子入りした人物です。そして、黒船が来航した際に松蔭と共に黒船に乗り込んで渡米しようとしましたが失敗し、投獄されて獄中死してしまいました。この時、松蔭も一緒に投獄されましたが、松蔭は武士身分であったため比較的環境の良い牢獄に入れられたのに対して、重輔は商人出身であったため劣悪な環境に置かれたことが死因であり、そのことを松蔭は以後ずっと悔しがったと言われています。

現代もまだ日本では政治家や企業経営者の世襲が一般的ですが、身分や貧富に囚われない人材育成を実践した松蔭が生きていたら、日本はもっとクリーンで活気と競争力のある民主主義国家(組織)になっていたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

島根・山口旅行記

ヨッシーです。中国旅行の2日目は、津和野から萩へ移動して城下町を散策しました。前回(2010.5.1訪問)は早朝のため内部を拝観できなかった武家屋敷(木戸孝允旧宅、高杉晋作誕生地など)を中心に巡りました。

9月24日

津和野・発 → 鷲原八幡宮・西周旧居・嘉楽園・太鼓谷稲成神社・津和野城跡(津和野) → 静御前墓(山口) → 円政寺・青木周弼旧宅・木戸孝允旧宅・菊屋家住宅・高杉晋作誕生地・武家屋敷野田家・天樹院・指月公園・旧厚狭毛利家萩屋敷長屋・菊ヶ浜・萩本陣温泉(萩) → 萩・泊

P92401552

写真は、津和野城跡三十間台からの津和野盆地の眺めです。

津和野城は、弘安5年(1282年)に吉見頼行が元寇襲来の備えとして標高367mの山頂に築城した山城です。以後、吉見氏は大内・毛利氏に仕えましたが、関ヶ原の戦いで主家の毛利氏が西軍に就いて敗れたため当地を失って萩に退去しました。その後、津和野は坂崎氏一代を経て亀井氏が十一代に渡って幕末まで支配しました。

この山城に自分の足で登城するのは大変ですが、太鼓谷稲成神社のすぐ下から出ている城跡観光リフト(往復450円)を利用すると楽に山上まで上がることが出来ます。しかしながら、今回は7月に熊が出没したことから熊鈴を持たされての登城となって少々緊張しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

山口・広島旅行記

ヨッシーです。中国旅行の4日目は、山口から山陽道を広島方面に走りました。一昨日の萩と津和野に続いて、広島と岩国への訪問も15年ぶりとなりました。

今日の目的地は、山口の象徴である瑠璃光寺の五重塔です。山口市は、室町時代の有力大名・大内氏の拠点でしたが、この五重塔からは当時の大内氏の繁栄ぶりが伝わってきました。

5月2日

山口・発 → 古熊神社・今八幡宮・八坂神社・龍福寺・山口県庁・洞春寺・香山公園・瑠璃光寺・凌雲寺跡・平清水八幡宮(山口) →(山口IC~徳地IC)→ 月輪寺(山口) → 大成寺(周南) → 花岡公園(下松) → 清鏡寺(光) →(熊毛IC~岩国IC)→ 吉香神社・錦帯橋・吉香公園・洞泉寺・岩国城(岩国) →(岩国IC~廿日市IC)→ 洞雲寺(廿日市) → 国泰寺(広島・西区) → 平和記念公園・エリザベート音楽大学・広島城(広島・中区) → 宇品温泉(広島・南区) → 安佐南・泊

P50209582

写真は、香山公園から眺めた瑠璃光寺の五重塔です。公園の大きな池に映し出された木々の緑と五重塔が、自然と調和した日本建築の美しさを一層引き立たせていました。

瑠璃光寺の五重塔は、嘉吉2年(1442年)に大内氏の11代・大内盛見が建立したもので、国宝に指定されています。大内氏の全盛時代には、毛利元就の長男・隆元も人質としてこの瑠璃光寺に預けられていました。このような縁もあってか、長州藩(毛利氏)は幕末に居城を萩から山口に遷しており、山口移転以降の藩主(13~15代)の墓地も香山公園の一番高い場所に造られていました。

中国旅行も終盤となる明日は、広島県東部の歴史の宝庫・尾道を散策します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

山口旅行記

ヨッシーです。中国旅行の3日目は、萩から下関、防府を経て山口に入りました。山口県は日本海に面した長門国と瀬戸内海に面した周防国から成りますが、長府(下関)は長門国の国府であったことから貴重な史跡がたくさん見られました。

5月1日

萩・発 → 菊ヶ浜・萩博物館・菊屋家住宅・円政寺・中央公園・明倫館跡・常念寺・野山獄跡・松蔭神社・伊藤博文旧宅・吉田松蔭誕生地・大照院(萩) → 大寧寺(長門) →(美祢IC~美祢西IC)→ 東行庵・高林寺・巧山寺・長府毛利邸・菅家長屋門・覚苑寺・乃木神社・忌宮神社・長府藩侍屋敷長屋・笑山寺・住吉神社(下関) →(下関IC~山口南IC)→ 大村神社・正八幡宮(山口) → 玉祖神社・防府天満宮・周防国分寺(防府) → 泰雲寺・湯田温泉(山口) → 山口・泊

P50104972

写真は、長府を代表する寺院・巧山寺の仏殿です。鎌倉時代末期の元応2年(1320年)に建てられた国内最古の禅寺様式の建築で、国宝に指定されています。

巧山寺は、室町時代に西国で最大の勢力を誇っていた大内氏の最後の当主・大内義長が毛利元就に攻められて最期を迎えた(一説にはこの仏殿内で切腹した)場所であり、仏殿の裏には義長主従の墓が残されています。また、後には関ヶ原の戦いで毛利軍の主力を率いた秀元(元就の四男・元清の子)を初代とする長府毛利家の菩提寺になり、元治元年(1864年)には高杉晋作が長州藩の実権を奪取するために兵を挙げた回天義挙の地にもなりました。

山口県内にある3つの国宝建造物の内、2つは下関市にあります。そのもう一つの国宝・住吉神社本殿は、残念ながら全面保存修復工事中で見ることが出来ませんでした。明日は、最後の一つ瑠璃光寺五重塔(山口市)を見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

広島・島根・山口旅行記

ヨッシーです。中国旅行の2日目は、広島県北部から山陰に出て海沿いを西に向かって走りました。萩と津和野へは、15年ぶりの訪問になりました。

今日の目的地は、安芸高田市にある郡山城跡です。郡山城は、中国地方の雄・毛利元就の居城であり、城下には毛利元就、隆元(元就の長男)、興元(元就の兄)の墓所が残されていました。

毛利氏は安芸国の一国人でしたが、元就の時代に安芸国と備後国の有力国人であった吉川氏と小早川氏に自分の次男(元春)と三男(隆景)を養子に出す等して国人衆の盟主となり、東西の大国(大内・尼子氏)を滅ぼして中国地方120万石の大大名になりました。しかし、輝元(元就の孫)の代には広島城に居城を移して豊臣政権の五大老の一人にまでなりましたが、関ヶ原の戦いに敗れて周防・長門国37万石に減封されて萩に居城を移すことになりました。

4月30日

庄原・発 → 円通寺(庄原) → 鳳源寺(三次) →(三次IC~高田IC)→ 郡山城跡・清神社・猿掛城跡(安芸高田) → 吉川元春館跡・龍山八幡神社(北広島) →(大朝IC~浜田IC)→ 金蔵寺(浜田) → 天石勝神社(益田) → 永明寺・永太院・乙女峠記念聖堂・津和野カトリック教会・太鼓谷稲成神社・津和野城山公園・森鴎外記念館・鷲原八幡宮(津和野) → 東光寺・指月公園・旧厚狭毛利家萩屋敷長屋・天樹院・堀内鍵曲・平安橋・萩指月温泉(萩) → 萩・泊

P43011862_2

写真は、指月公園の入口(萩城址の本丸門前)から眺めた天守閣跡の様子です。

萩城は、防長二国に減封された毛利輝元が慶長9年(1604年)に築城して以来、元治元年(1864年)に藩庁が山口に移るまでの毛利氏13代の居城です。現在も新堀川より内側の地域には武家屋敷の遺構がたくさん残っていて、町全体がまるで時代劇のセットの中のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

山口・福岡旅行記

ヨッシーです。福岡にやってきました。今日で仕事は終わりですが、このまま週末をこちらで過ごすことにしました。今日は暗くなるまで関門海峡周辺を散策しました。

6月22日

小倉・発 →(関門トンネル)→ カモンワーフ(下関) →(ボイジャー)→ 巌流島(下関) →(ボイジャー)→ カモンワーフ・旧秋田商会ビル・旧英国領事館・亀山八幡宮・赤間神宮・みもすそ川公園・引接寺・ロダン美容室(下関) →(関門トンネル)→ 和布刈神社・めかり公園(北九州・門司区) → 小倉・泊

P6220089

写真は、めかり公園(門司)から見た関門海峡の夜景です。今にも降り出しそうな天候のため上空には靄がかかっていましたが、何とか関門橋と対岸の下関の明かりを望むことができました。

何とか週末いっぱい天気が持つように、素晴らしい夜景に祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)