2008年4月27日 (日)

島根・鳥取・兵庫旅行記

ヨッシーです。旅行最終日の今日は、松江から海沿いを東に走ってみました。このコースは高速道路がないため車での移動時間が長くなりましたが、天気が良かったので景色は最高でした。

4月27日

松江・発 → 八重垣神社・神魂神社(松江) →(東出雲IC~米子西IC)→ 倉吉白壁土蔵群(倉吉) → 浦富海岸(岩美) → 余部鉄橋・余部駅(香美) → やぶ温泉(養父) →(和田山IC~栗東IC)→ 栗東・着

P4270080

写真は、再来年いっぱいで廃止・解体が決まっている余部鉄橋です。地上からの高さは41m、長さは309mあって、建設当時(明治45年、1912年)は東洋一、現在でも日本一の規模を誇ります。

昭和61年12月の強風による列車転落事故によって、このサーカスの綱渡りのような鉄橋の安全性が問題視され、以降強風時は運行を見合わせることで対応していました。しかし、平成23年(2011年)に安全なコンクリート製の橋に架け替えられることになり、役目を終えることになりました。

文明開化以降、急速に進む近代化の流れの中で建設された代表的な遺構が失われるのは残念でなりません。出来ることならば重要文化財(近代化産業遺産)の指定を受けて維持保存を図ってほしいところですが、この橋下には多くの民家があって、橋の老朽化によって落下物が発生する危険性があることから仕方ありません。せめてもの思いでこの鉄橋の雄姿をカメラに納めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

鳥取・島根旅行記 vol.2

ヨッシーです。今日から休みをもらって松江に来ています。前回(昨年7月)は台風のため生憎の天気でしたが、今回は好天に恵まれたので、ビュースポットも楽しむことができました。

4月25日

栗東・発 →(栗東IC~米子IC)→ 米子城跡・湊山公園(米子) → 水木しげるロード(境港) → 美保神社・月照寺・城山公園・岸公園・松江しんじ湖温泉(松江) → 松江・泊

P4250265

写真は、岸公園から眺めた宍道湖の夕日です。写真中央下の兎の像は、縁結びで有名な「宍道湖うさぎ」です。

岸公園にある宍道湖うさぎは12羽が一列に並んでいて、飛び跳ねる姿を連続的に表現しています。その列の前から二番目の兎には、しじみの貝殻を供えて夕日を眺めながら背中を撫でてやると好きな相手に想いが通じるという評判があります。

今日は天気が良かったこともあって、兎を触りにきた若い女性や夕日の写真を撮りにきたカメラマンで賑わっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

島根・鳥取旅行記

ヨッシーです。連休最終日の三日目は、鳥取方面に走ってみました。完全に台風は通り過ぎたにも関わらず、余波の吹き返しで風雨ともに強い悪天候でした。

7月16日

松江・発 → 平濱八幡宮武内神社・出雲国分寺跡・真名井神社・出雲国庁跡・八重垣神社・神魂神社(松江) → 揖夜神社・黄泉比良坂(東出雲) → 雲樹寺・清水寺(安来) → 大神山神社(米子) → 大神山神社奥宮・大山寺(大山) → 伯耆国分寺跡・長谷寺・打吹公園・大岳院・大蓮寺(倉吉) → 三佛寺(三朝) → 鹿野城跡公園・幸盛寺・白兎神社・池田家墓所・宇倍神社・広徳寺・興禅寺・久松公園・玄忠寺・景福寺(鳥取) → 鳥取・着

P71600452

写真は、神魂神社の本殿です。あまりメジャーではありませんが、この本殿は出雲大社本殿に代表される「大社造り」としては最古の建造物であり国宝に指定されています。

出雲大社本殿の御祭神がオオクニヌシ(男神)なので「男造り」になっているのに対して、神魂神社本殿の御祭神はイザナミ(女神)なので「女造り」になっていることも出雲大社と双璧を成す特徴となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

鳥取・島根旅行記

ヨッシーです。三連休を使って山陰にやってきました。一日目の目的地は、世界遺産「石見銀山遺跡」です。台風が九州に接近していて風雨が心配でしたが、風はなく雨だけだったので無事に観光することができました。

7月14日

米子・発 → 米子城跡・湊山公園・清洞寺跡・後藤家住宅・白壁土蔵・涼善寺・了春寺・感応寺(米子) → 台場公園・水木しげるロード・大港神社(境港) →(松江玉造IC~宍道IC)→ 物部神社・羅漢寺・旧河島家住宅・観世音寺・石見銀山資料館・城上神社・龍源寺間歩・佐毘売山神社・清水谷精錬所跡・西本寺・大安寺跡・沖泊・龍御前神社・温泉津温泉(大田) →(宍道IC~松江玉造IC)→ 松江・泊

P7140056

写真は、水木しげるロードの中心に鎮座している妖怪神社です。一反木綿の鳥居など、妖怪好きにはたまらない趣向がいっぱいの面白神社でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)